MENU

子どもの虫歯予防習慣はいつまでに躾ける?

子どもの虫歯予防の歯磨き習慣は、いつごろまでに作ればいいと思いますか?
歯磨きの習慣ですが、子どもがだいたい3歳までには歯磨きを習慣化することで、虫歯予防の基本となります。
その習慣を作り始めるには、なんでも口に入れたがってしまう離乳期から、赤ちゃん用の歯ブラシを子どもに与えることで、歯ブラシに対する抵抗感をなくしておくことで、すんなりと食後に歯磨きが出来る習慣を作ることができるでしょう。
また、この頃から食事をした後に音楽や歌を一緒に歌いながら歯磨きをしてあげることで、歯磨きが嫌いな子どもにはならなくなります。
歯磨きを苦痛と教え込まないように細心の注意が必要ですが、一緒に楽しく歯磨きをしてあげることが重要です!

親の振る舞いも大切です

子どもの虫歯予防にはママやパパの協力が必要不可欠ですよ。
よく、子どもは親の背中を見て育つといいますよね。つまり、歯磨きをしなさい!と子どもに厳しく言っても、ママやパパが歯磨きを怠ってしまうと、子どもは真似をしてしまうのですね。

 

それに、子どもの頃に思いませんでしたか?叱ってばっかりでママやパパはちゃんとやらない!って。
虫歯予防として一緒に歯磨きをするのが理想的ですけど、そこまではやっぱり難しいので、ちゃんと子どもの見本となるように、ママやパパ達もしっかりと歯磨き習慣をつけなければいけませんよ。

 

また、虫歯予防には歯医者も有効なので、子どもだけを見てもらうのではなく、ママやパパも一緒に歯医者でデンタルケアを時々受けるといいですよね。

子どもや赤ちゃんの歯磨きは楽しく習慣化

子どもの虫歯予防は、何をおいても歯磨き習慣ですね。
でも、小さい子は自分では歯磨きできないですよね。ママが代わりに歯を磨いてあげるわけですけど、これも慣れが必要なのですね。
例えば、歯を磨いているのにいやいやし始めたら、忙しいママですもの、少しイラッとしてしまいますよね。私もイラッとしました。
でも、ここで怒ってしまうと歯磨きの習慣はつきにくくなってしまいます。余裕がないときはちょっと難しいことですが、普段は楽しく、歌を歌いながら歯磨きをしてあげれば、子どもも歯磨きって楽しいかもって、思ってくれますよ。
ママも慣れてくれば、楽しくなってきますし、何事も楽しまないと子育ては難しくなるってよく言いますからね。楽しくです!

子どもの歯磨きを上手にするコツ

子どもの虫歯予防はなんといっても、歯磨きなのですが、上手に磨けていますか?
よく磨けないって相談を受けるのですが、やっぱり、小さい子の歯磨きって難しいですよね。口の中に歯ブラシなんて入れられたら、大人の私でも少し抵抗を感じてしまいますもの。
あと、小さい子ってママのひざまくらに頭を乗せるにも抵抗があるのですよ。ひざまくらといっても、ちゃんと両足の間に子どもの頭がくるように寝せる訓練も、歯磨きの訓練、そして虫歯の予防にも必要なのです。
たまに見ますが、耳かきをするときにする、ひざまくらでの歯磨きはとても磨きにくいですから、やめておいた方がいいですね。基本は両足の間に頭を置いて、頭を固定して歯磨きをしてあげると嫌がりませんよ。

子どもの虫歯予防でしておきたいことまとめ!

子どもの虫歯予防で、絶対にしてもらいたいことは、歯磨きの習慣を作ることです。3歳までに食後30分以内に歯磨きをする癖をつけておけば、将来的に虫歯になるリスクを大幅に軽減することが出来ます。

 

その為には、歯磨きを苦痛だと感じさせていけません。また、歯磨きの効率をよくするために、虫歯菌を除去する成分が入っている歯磨き粉を使った方がいいですね。

 

また、食生活に関しては、規則正しい食生活とよく噛んでご飯を食べる習慣を作ることです。

 

唾液は、虫歯の原因菌であるミュータンス菌を殺菌できますし、歯の再石灰化を促す働きもあります。

 

そして、子どもがミュータンス菌への感染するのは、ママやパパが原因なので、子どもが使用するお箸やスプーンを、共有するのは避けましょう!